福祉車両の観光タクシーなら安心して観光ができる

福祉車両の観光タクシーなら安心して観光ができる 身体が不自由で車に乗ることは一苦労だからと、どこかへ外出をすること自体を避けてしまう人も多いものです。また、福祉車両を自家用車として持っていたとしても、誰かが運転をしなくてはいけませんし、運転をしながら介護をするとなればとても大変です。そこで便利なのが観光タクシーです。観光タクシーの会社には、身体の不自由な方でも安全に乗り降りできる福祉車両を用意しているところがあります。

用意されている福祉車両もラインナップが豊富です。スロープ付きの車両は、車両の後ろのドアにスロープが付いているため、車いすに乗ったまま安全に乗車することができます。わざわざ座席へ移動する必要もなく、車いすのまま車両に固定をすることから介助人も不要になります。

車いす昇降機付きの車両もあります。こちらも介助人の手助けを必要とせず、車いすのままで車の乗り降りをすることが可能です。スロープの場合、傾斜を作るために車両の後方に広めにスペースを取らなくてはなりませんし、地面が安定しない時は車いすに乗っている方は恐怖心を抱くこともあるでしょう。車いす昇降機で乗り降りをすると、機械がしっかりと車いす全体を支えてくれて、上下に移動するだけなので余分なスペースも必要なく、乗っている方も安心できます。車いす昇降機付きの車両に関しては、6名程度まで同乗できるワゴンタイプと、より大人数で乗車できるバスのタイプを用意している会社があります。家族との旅行ならワゴンタイプ、大人数での観光や車いすの利用者が複数人いる場合ならバスタイプと臨機応変に車種を選べます。

反対に介助人の手で車いすから座席に移動したい場合は、スロープ付きや車いす昇降機つきの車両ではなく、座席が回転するタイプの車両を選ぶと良いでしょう。車両の座席が回転すれば、ドア側に足が向くような形で座れます。そのため、人を抱きかかえたまま狭い車内へ移動するケースでも負担が軽減されます。さらに頭をぶつけたりといったトラブルを回避して、安全に移動できます。

他にもストレッチャーのまま乗り降りできるような車種を用意している観光タクシーの会社も存在します。専属のドライバーがしっかりとサポートしてくれるため、乗り心地も良く、乗り降りもスムーズです。圧迫感を感じさせない広々とした車内で、快適に目的地まで移動することができます。

福祉車両を自分で借りて運転するよりも、福祉車両に慣れた観光タクシーのドライバーに任せた方が余計な心配をせずに観光を楽しめます。また、介護に集中できるようになります。加えて観光タクシーのドライバーは現地に詳しいので、車いすやストレッチャーでも入れる施設を知っていることが多く、安心して移動できます。目的地に着いたと思えば階段しか無くて目の前でUターン、といった最悪な事態を避けられるのがメリットです。もし体調が悪くなってしまった場合もすぐに停車したり、コンビニエンスストアやお手洗いに寄ったりすることも可能です。

そして、複数人での観光ではなく、車いすでの一人旅も実現できます。スロープ付きの車両や車いす昇降機付きの車両であれば、介助人が不要なので一人でも車から乗り降りすることが可能となり、気兼ねせずに済みます。さらに自分で車いすを操舵しなくてはならない時間も大幅にカットされます。公共交通機関を利用した場合、やり取りにいちいち時間がかかってしまい、周りにも常に配慮をしなくてはなりません。荷物も自分で持つ必要があり、支払いもその都度行うことが求められます。観光タクシーであれば移動中は座っているだけで良く、支払いも一括の場合がほとんどです。周りに人もいないので、ゆっくりと居心地のいい空間で心身ともに休むことができるでしょう。

最新ニュース